MENU

顎の黄ニキビの治し方〜早く治す方法(薬の効果・副作用)


顎の黄色ニキビの治し方として、

  • ホルモン療法
  • 薬による治療
  • 漢方薬
  • レーザー治療

 

など、早く治す方法にはいくつかの種類があります。

 

ホルモン療法

ホルモン療法とは医療での処置であり、しつこい顎の黄色ニキビも、根本的に改善をしていく治療方法です。ニキビが黄色くなるまで悪化してしまうのは、そもそも体内のホルモンの乱れがいけないわけですから、そこから治してニキビなどの肌状態を改善させるわけです。

 

顎の黄色ニキビも、そもそもはホルモンがアンバランスなのが理由です。男性ホルモンが優位に働いていますので、過剰な皮脂分泌で皮脂が多く毛穴につまり安くなります。その量が多すぎるのですから、ニキビは治らないままです。
>>黄色ニキビへのステロイド注射のメリット・デメリット

 

アルダクトン錠

アルダクトン錠とは、最初からにきび治療に使われていたわけではありません。降圧剤や利尿剤として使われていたお薬であり、原発性アルドステロン症や高血圧症の治療にも使われます。では何故、ニキビ治療にも登場したかというと、男性ホルモンのアンドロゲンレセプターへの阻害作用があることがわかったためです。アルダクトン錠の持つその作用を利用することで、男性ホルモンの過剰な働き自体をセーブさせることができるために、ニキビ治療にも効果を発揮できることになります。

 

そんなニキビ治療の手助けをしてくれるアルダクトン錠ですが、副作用として考えられるのは、いくつかのパターンがあります。女性の場合だったら、生理不順だとか、乳房痛なども考えられます。ほかにも低血圧や不正性器出血に、頻尿やうつなどが一般的なものです。ですが、適用量を医者の説明通りに飲む分には、それほど心配はないものです。

 

低用量ピル

顎の黄色ニキビの治し方として、低用量ピルを用いた方法もあります。低用量ピルとは経口避妊薬であり、妊娠を避けることができますし、生理周期を安定させることにもなります。低用量ピルを飲むことで、体内の男性ホルモンに働きかけて、皮脂の過剰分泌をセーブさせることができますので、ニキビ治療にも大きく貢献をしてくれることになります。
有名なものですと、ヤーズ、マーベロン、オーソ、シンフェーズ、アンジュなどがあります。

 

 

顎の黄色ニキビ薬の効果と副作用


顎の黄色ニキビ薬には様々な種類の薬があります。

 

それぞれ効果もありますが、使うことによって生じる副作用もあります。
それらの幾つかの効果と副作用を紹介いたします。

 

ディフェリンゲル

まず、ニキビ薬として知られているディフェリンゲルの効果とは、肌のターンオーバーを強制的に活性化します。ニキビの原因の一つはターンオーバーの乱れにより古い角質が肌に残るため、毛穴詰まりを起こしやすくすることにあります。また、そのような状態ではニキビができても肌の再生がうまくいかないため、治りも遅く跡になりやすくなっています。しかし、ディフェリンゲルはそんな乱れたターンオーバーを促すため、ニキビやニキビ跡が治りやすく、またニキビになりにくい肌を作ることができます。しかし副作用もあります。ディフェリンゲルの副作用とは、使い始めの数週間はヒリヒリ感や乾燥が気になったり、皮がポロポロ剥けるといった症状です。しかし、使い続けるうちにそれらの症状は落ち着いてきます。

 

ダラシンTゲル

次にダラシンTゲルの効果とはすでにできているニキビの炎症を抑えることができます。抗生物質でニキビの原因となるアクネ菌や雑菌を殺菌するので、ニキビによる赤みや痛み、化膿といった症状を抑制して治すことができます。そんなダラシンTゲルの副作用とは乾燥や赤み、ツッパリ感が生じることです。使用する際はニキビの箇所だけに塗布するようにして下さい。

 

ベピオゲル

そしてベピオゲルの効果とはピーリング効果と抗菌作用です。ディフェリンゲルと同様にターンオーバーを促すため、ニキビができにくい肌作りができます。同時にアクネ菌などの増殖も抑えることもできるので、抗生物質を別に使用する必要がありません。そんなベピオゲルの副作用とは使い始めの数ヶ月はヒリヒリ感や乾燥、皮膚がポロポロ剥ける症状が出ます。個人差はありますが、次第にこれらの症状は落ち着いていきます。

 

ミノマイシン

そしてミノマイシンも服用するニキビ薬として知られています。そんなミノマイシンの効果とは、抗生物質なのでニキビの原因であるアクネ菌や雑菌を殺菌し、症状を抑えることができます。しかし、殺菌だけなのでニキビ跡には効果はありません。そんなミノマイシンの副作用とは、服用により消化器系の症状が現れることです。腹痛や下痢を生じたり、胃が荒れる方もいます。
このようにニキビ薬には様々な種類があり、効果や副作用もそれぞれ違います。使用の際は医師に自分の症状に合ったものを処方してもらい、用法・用量を守ってお使い下さい。

 

エリスロマイシン

エリスロマイシンはマクロライド系抗生物質の一つで、細菌が活性化する上でタンパク質合成を行うことからそれを阻害することで細菌自体の増殖を抑える働きがあります。エリスロマイシンの効果とは、人体に侵入して様々と悪さを行う細菌の増殖を防ぐことで、それにより殺菌を実現して治療を行います。
実際には幅広い細菌に対して効果があり、ニキビなどの症状にもそれを服用することで有効的に作用します。ニキビの原因菌にはアクネ菌や黄色ぶどう球菌の存在がありますが、それに対しても素早く効果をもたらしてくれる特徴を持っています。

 

特に黄色ニキビに有効的に作用する抗生物質で、黄色ニキビの概要説明は省きますが、細菌などが引き起こす皮膚の違和感などの症状を治療することができます。エリスロマイシンの効果とは細菌に対して素早い効き目がある点ですが、効き目が優れている分だけ副作用が存在し、副作用を説明します。
主な副作用としては、下痢や吐き気、腹痛、嘔吐などで経口摂取で服用するため、消化器系に対しての障害が多い特徴があり、副作用の症状の現れ方が顕著です。また副作用の頻度が比較的に高い点とエリスロマイシンを服用しても耐性菌が発生する恐れもあるため、使用する上では注意が必要となる抗生物質となります。

 

テトラサイクリン

毛穴に皮脂が溜まって塞がり、細菌が繁殖してニキビになります。黄色ニキビの概要説明は省きますが、毛穴の組織が化膿していますので、痛みがあり放置しておくと跡が後々まで残ってしまい、お肌の汚点になります。治療にはテトラサイクリンという抗生物質が使われますが、テトラサイクリンの効果とは、化膿を惹き起こしている細菌を死滅させて、早目に腫れをひかせることにあります。

 

何もしないでおくと腫れが大きくなり瘢痕が残ります。効果は速やかに現れ、通常は数日〜1週間で良くなりますので、皮膚科などで受診して処方して貰います。しかし副作用もありますから、その副作用を説明します。昔は乳幼児や小児期に使うと歯が着色する事があると言われましたが、調査の結果現在ではそれはない事が分かってきています。

 

副作用は抗生物質に特有のものがあり、長期間使用による菌交代症、胃腸など消化管の障害や薬疹、他にビタミンKやビタミンBの欠乏などが稀に出る事があります。抗生物質は医薬品で処方箋がないと入手できませんから、クリニックの医師の注意をお聞きになって、調剤薬局の説明を受けてから服用するようにしてください。化膿したニキビは早めに治すのがポイントです。

 

ミノサイクリン

ミノサイクリンの効果とは、赤ニキビや黄ニキビなどのアクネ菌が繁殖し炎症しているニキビに作用し、アクネ菌の増殖を抑え、炎症を鎮めます。

 

ミノサイクリンは、ミノマイシンという抗生物質の一種で、菌の繁殖を抑える効果があります。一般的な薬で、保険も適用されますので、安価なものです。医師の処方に従って使いましょう。

 

効果のある薬は、その副作用も気になるものです。

 

副作用を説明しますと、めまい、下痢、便秘、頭痛、嘔吐、発疹などがあります。その他にも、色素沈着や、薬への耐性ができることによるニキビの悪化や再発があります。通常、1〜2週間程度様子を見るということが多いようですから、それ以降は医師と相談の上、使用しましょう。

 

抗生物質は短期間で症状を改善させるのが基本で、長期間使用すると、耐性ができてしまい、抗生物質自体が効かなくなります。2週間程度では問題はありませんが、ニキビが治っていないのに途中で服用を止めたり、飲んだり飲まなかったりという中途半端な服用は、症状を悪化させるだけです。薬の服用は医師の指示通りに行い、薬の副作用や他に問題があれば、医師と相談しながら適切な治療を行うようにしましょう。

 

黄色ニキビの漢方薬


漢方では「内に病あれば、必ず外にあらわれる」という考え方があり、にきびを含めた皮膚の病変を単なる局所的な病変としてではなく、全身的な状態の表れとしてとらえます。

 

よって、にきびに漢方の、外用薬ではなく内服薬を使うのは、適切な考え方なのです。

 

荊芥連翹湯の黄色ニキビへの効果と副作用

荊芥連翹湯の効果とは、清熱解毒です。つまり、発赤や化膿などの熱を持っている状態をさましていく生薬が配合されています。

 

適応症として、炎症のあるニキビや湿疹、耳鼻科領域でも蓄膿症や慢性扁桃炎、その他のぼせのある症状、目の充血などがあげられます。主に慢性化した場合に適応となります。

 

漢方薬は、同じ症状であっても、その人の体質によっても合う合わないがありますので注意が必要です。

 

荊芥連翹湯の効果とは、体力が中程度以上あり、皮膚は浅黒く、色素沈着しやすい傾向のある人に良く適応するといわれます。黄色ニキビの概要説明は省きますが、炎症性の慢性的なニキビで、この体質にあてはまる場合にはぜひ試してみるとよいでしょう。実は最近の研究では、荊芥連翹湯の効果としてニキビ菌に対する抗菌作用が証明されました。

荊芥連翹湯の副作用

特に胃腸が弱い場合には、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢などの消化器症状を起こすことがあります。甘草という生薬を含むため、むくみが出ることがあります。このような副作用があった場合には服用を中止してください。

 

十味敗毒湯の黄色ニキビへの効果と副作用

十味敗毒湯の効果とは、10種類の生薬によって配合された漢方薬の一種で、ニキビの原因となる物質を体外に排出する働きを持っています。含まれている生薬の働きには、血管を広げ皮膚の血行を促進する血管拡張作用、皮膚の炎症や毒素を除去する消炎解毒作用、皮膚の腫れを防ぎ、腫れの原因となる分泌液を除去する利水作用が存在します。

 

特に痛かったり痒かったりすることが多い黄色ニキビには有効で、黄色ニキビの概要説明は省きますが、青春のシンボルである若年性のニキビを始め、大人になって化膿したニキビにも有効となります。

 

十味敗毒湯の効果とは大人のニキビである黄色ニキビに有効ではありますが、漢方薬であるため比較的に

十味敗毒湯の副作用

副作用は少ないですが全く副作用がないわけではありません。
軽度の副作用としては、じんましん、胃腸不快感、下痢、眠気などの症状が該当し、それらの症状が現れたら使用を中止し、医師や薬剤師に相談します。重い副作用も存在し、それはむくみや体重増加を引き起こす偽アルドステロン症、黄疸の症状が出る肝機能障害が該当します。
なお一日2回程度を空腹時の食間に服用する必要があり、効果が現れるための期間は数週間から一ヶ月程度かかる可能性もあります。

 

半夏瀉心湯の黄色ニキビへの効果と副作用

半夏瀉心湯の効果とは、人間の体内の胃腸などの不調から引き起こされるニキビなどの肌荒れに効果があるとして知られています。胃腸の不調による肌荒れやニキビに繋がるケースも多いことから、胃もたれ、食欲不振、下痢などの症状を改善して、その副次的な効果として黄色ニキビなどの症状を緩和することも可能です。

 

黄色ニキビは吹き出物に黄色の膿が溜まった状態にあることで痛かったり、痒かったりの症状として大人になって現れることも多いです。ここでは黄色ニキビの概要説明は省きますが、その原因は胃腸の不調を原因とすることが多いため、半夏瀉心湯を服用して改善することが可能となります。

 

半夏瀉心湯の効果とは、七つの生薬で構成されているため、七つの生薬にはニキビの改善効果が期待できますが、直ぐに効果が現れるものではない点に注意を要します。最終的にはニキビができにくい体質に変換することが出来る様にする目的として服用していきます。

半夏瀉心湯の副作用

半夏瀉心湯は、自然の生薬を使用した漢方薬のため副作用自体は少ない傾向がありますが、副作用も存在します。胃腸の働きを整える効果があるため、胃腸の働きが過敏な方は下痢や腹痛を引き起こしたり、胃もたれ、吐き気などの症状が起こるケースがあります。
こうした副作用の症状が出たり、他の薬と飲み合わせる場合には医師や薬剤師の相談を受けることが重要です。

 

黄色ニキビへのレーザー治療方法


黄色ニキビの基本的な治療としては外用薬と内服薬を併用するのですが、それ以外にもレーザー治療で急速に炎症を抑えて治療をするという方法もあります。

 

黄色ニキビへのレーザー治療方法として代表的なのは

  • LEDダイオード療法
  • アレキサンドライトレーザー
  • ロングパルスYAGレーザー
などが挙げられています。

 

LEDダイオード療法とは

名前の通りLEDを直接皮膚に照射することによる治療方法で、ニキビの原因金を殺菌する効果があるほかにも皮膚の奥不覚まで届く事や肌の保湿をすることができることなどのメリットがあります。LEDダイオード療法にはそれぞれ赤・青・白の3種類の方法があるのですが、黄色ニキビを始めとしたニキビ治療で利用される場合は青色LEDが使用されています。

 

ロングパルスYAGレーザーとは

名前の通り波長が長いレーザーを利用した治療方法で、表皮にはダメージ を与えないでレーザーの効果が真皮皮下に到達するという特徴を持っています。そしてレーザーによって真皮皮下に熱を与える事によって殺菌すると言う効果を持っており、ニキビの治療にはよく利用されているレーザー治療のひとつとして知られています。

 

アレキサンドライトレーザーとは

日本人の肌の波長と最もよく合っているレーザー治療として知られており、アレキサンドライトというほう咳を利用してレーザー照射をすることができるようになっています。元々は脱毛などでも利用されているのですが、ニキビの治療以外にもシミやそばかすといった色素沈着にも効果があるとされています。ニキビに対しての炎症抑制効果も高く、痛みもないため人気のレーザー治療のひとつだと言われています。

 

 

 

黄色ニキビは炎症を起こして腫れあがったニキビが悪化した結果、膿が溜まり始めた状態のものを言います。放っておくと炎症がどんどん拡大するだけではなく毛穴が広がってしまう可能性もあるため、早期に炎症を抑えて膿を除去するという治療が必要になってきます。